アメリカ

世界のエコニュース World eco news

2020/5/14

家庭用洗剤で小児ぜんそくが増加!? カナダの追跡調査で判明した事実

日本のぜんそく患者は約800万人。 全国の6.2%がぜんそくを経験したことがあると言います。 多くの研究によって、洗剤や芳香剤などの香料成分が、ぜんそく発症の原因となることが知られています。 妊娠中の女性には、もはや常識かもしれませんが、生まれて間もない時期に、そのような製品を控えることで、ぜんそくのリスクが少しでも減らせるのです。 そして、最近また新しい研究結果がでました。 洗剤を頻繁に使う家庭は1.6倍の発症率 2020年2月18日発行 カナダの医学雑誌カナディアン・メディカル・アソシエーション・ジャ ...

世界の環境教室

2020/5/15

【ニューヨーク】4年分のゴミは小瓶1つ NY女性が送る「ごみゼロ生活」とは?

毎日どれくらいのゴミを出していますか。 日本人国民一人当たり、毎日約958グラムのゴミを排出しているのです。 ゴミを出すと言うことは、ごみ処理事業経費も増えるということになり、その額は、年間およそ約2兆円。 これを国民1人当たりに換算すると、15,500円の負担となっているのです。 実にもったいないですよね。 そんな中、ニューヨーク在住のローレン・シンガーさん、2012年、25歳の時から「ごみゼロ生活」をスタート。 スタートして4年分のゴミは、なんと小瓶1つで済んだのです。 シンガーさんいわく「過去4年間 ...

© 2021 Dear Feature