Dear feature 未来への警告 

ストップコロナ!新型コロナウイルス感染拡大を予防する銅イオン水「AirAtom(エアアトム)」を開発、販売を開始

⽶国の研究よりコロナウイルスの不活化まで4時間と発表された銅を利用。「4時間」を15分以内に短縮させるため、銅をイオン化、液体化に成功。シュッと吹き付けるだけで銅イオンを24時間コーティング。

井川研究室 井川正治(日本体育大学特任教授)、株式会社R・T(代表取締役社長 和田正幸)、株式会社天煌堂(代表取締役社長 川尻大介)の研究開発チームは、抗ウイルス・抗菌効果がある銅イオン水「AirAtom(エアアトム)」を開発、販売を開始します。

■開発・商品化背景
2020年3月20日に新型コロナウイルスの生存期間について、米国カリフォルニア大学とプリンストン大学の研究チームが、ウイルスの生存期間はプラスチックやステンレスの表面では 48~72 時間と⾧いのに対して、銅の表面では4時間と極端に短くなることが指摘されているニュースなどがありました。
銅が新型コロナ拡散防止に効果があることがわかり、以前より銅イオン水「AirAtom」を安価で容易な製造方法で開発しており、感染拡大を防止する助けになると考え、開発リーダーの日本体育大学井川特任教授を中心に早急に商品化、販売をすることを決定しました。

■期待される効果について
銅イオン水「AirAtom」を一般のスプレーボトルや加湿器で利用し、普段ご利用の衣類やマスク、普段触る場所に噴霧することで、抗菌抗ウイルス効果を発揮します。
医療機関や介護施設、インフラを支えている方々の感染するリスクを下げる効果があると考えております。

1.銅イオン水「AirAtom」の特長■どのように作用し抗菌抗ウイルス対策となるのか(作用機序について)
【銅イオン水による殺菌・抗菌・抗ウイルスの仕組み】

①銅イオン水「AirAtom」を吹き付けた表面には銅イオンが付着します。
②付着した銅イオンが酸素と反応して活性酸素が発生します。
③銅イオンと活性酸素の2つのチカラで付着したウイルスや細菌を減少させます。
④付着してからすぐに作用し始めるため、数分で効果を発揮します。

■利用方法について
①銅イオン⽔「AirAtom」をスプレーボトルに⼊れていただき
・普段⾝につけている⾐類、マスクへ噴霧します。
・普段利⽤されているドアノブやキッチン、トイレ、⾵呂、寝具など⾝近に触れるものへ噴霧します。
②加湿器での利⽤
・銅イオン⽔「AirAtom」をそのまま加湿器へ入れていただき部屋全体に噴霧します。
加湿器を⻑期間ご利⽤されない場合は⽔洗いをしてください。
③噴霧方法について
噴霧した場所への接触があった場合には、こまめに噴霧する事をお勧めします。

■アルコールや消毒液との違い
アルコールや消毒液はつけた時に殺菌効果があります。
銅イオン水「AirAtom」は吹き付けたあと24時間程度の抗菌抗ウイルス効果が継続するため
アルコールや消毒液のつけ忘れでの感染リスクの低減が見込まれます。

■安全性について
・利用している原料は人体に安全な純銅、純水、食品添加物のみを利用している。
・日本体育大学井川正治特任教授により安全性の検証を行ない問題ないことを確認している。
※一般的に作られる銅イオン水は硫酸銅を利用しておりますが、AirAtomは利用しておりません。

2.商品の概要
①商品名:AirAtom(エアアトム)
②効果効能について
抗菌・抗ウイルス
③原料・濃度
・純銅、純水、食品添加物
・濃度:200ppm
④提供する形状
・10リットルタンク
・2リットルペットボトル6本セット

⑤生産
・日本国内

3.購入方法について
■価格
・10リットルタンク(250mlボトル40本分) 42,000円(税抜・配送料別)
・2リットルペットボトル×6本(250mlボトル48本分)50,400円(税抜・配送料別)

■購入方法について
当サイトのお問い合わせフォームよりお申込みください。
https://top-brain.net/contact/
注文書及び銀行振込での取引を予定しております。

■ボトル容器での販売について
ボトル容器、及びスプレーヘッドが準備でき次第開始を予定しております。
※現状日本国内でボトルやスプレーヘッドが欠品中で手に入らないため、もうしばらくお待ち下さい。

4.今後の展開について
STOPコロナに向けて以下を検討しています。
・スプレーボトルを調達し、一般の方々へ提供を開始する。
・接触感染のリスクを手間を少なく下げるため、普段触れるものへ長期間定着し抗菌抗ウイルス効果が持続する液体の開発を進める。
・海外への供給について検討を進める。

5.現状困っていること
スプレーボトルを調達することが難しくなっております。
ご準備いただける企業様いらっしゃいましたらご相談させてください。

6.銅の抗菌抗ウイルス効果に関する参考データ
【参考①】
【2020年3月20日 AFP】新型コロナウイルスは空気中で3時間、銅の表面4時間、固形物の表面で2~3日生存可能だとする研究結果を、米疾病対策センター(CDC)とカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)およびプリンストン大学(Princeton University)の研究チームが発表した。

[ 新型コロナウイルスの生存期間 SARS-CoV-2(新型コロナウイルスの正式名称)の 環境中の生存期間を調べた 空気中 3時間 銅の表面 4時間 ボール紙の表面 24時間 プラスチックの表面 2~3日間 ステンレスの表面 2~3日間 米疾病対策センター(CDC)とカリフォルニア大学ロサンゼルス校、プリンストン大学の研究チームが米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル」に発表]

【AFPBB NEWSより記事抜粋】
https://www.afpbb.com/articles/-/3274379

【参考②】銅の有効性について
A型インフルエンザ(H1N1)に対する抗ウイルス試験を実施。 銅合金の表面にウイルスを接触させ、経時後の感染価を計測した結果、銅合金上のウイルスは、右記グラフの通り15分作用後に検出限界値未満まで減少しました。 銅合金がインフルエンザウイルス対する不活化に効果的であることが確認されました。

[抗ウイルス試験のグラフ画像]

試験機関:一般社団法人 北里環境科学センター 試験方法:プラーク法

5月27日、AIR ATOMを成田市役所に寄贈してきました。

7.本件に関するお問い合わせ
キャリア9ペーパー(https://top-brain.net/contact/

-Dear feature 未来への警告 

Copyright© Dear Feature , 2020 All Rights Reserved.